心への効果効能について

白檀(びゃくだん)は芳香用のお香や仏壇で用いる線香にも使用されており、
日本人にはとても馴染み深い香りです。

また白檀のエッセンシャルオイルは鎮静作用、つまり落ち着かせる効果があります。
香りに持続性があり、日本古来より枕の下に入れることにより、頭痛等の体調不良を睡眠をしている間に改善する聞香療法なども行われてきました。
また宗教の儀式に用いられてきました。
瞑想をするときに欠かせない香りで、これは精油の中でも揮発性が低く、鎮静作用があるからこそできます。

自然治癒力、免疫効果を高めてくれる効果もあります。
アクネ菌が原因でできるニキビや吹き出物に対し作用してくれます。
肌を柔軟に滑らかにしてくれる効果もあり、肌荒れを改善したり、かみそり負けをしにくい肌を作ってくれます。

皮脂分泌を調整をする効果もあり、皮脂分泌が過剰になっている脂性肌や、肌のうるおいが不足している乾燥肌のどちらにも効果があります。
注意点としては香りがなかなか消えずらいです。ですので、衣服につくと洗っても匂いが全て取りきれない場合があります。

うつ状態の人や妊娠初期の妊婦にも使用しない方が良いでしょう。
それは多少の催淫効果があるためです。
といっても危険性は無いに等しいので安心してご使用してください。

Comments are closed.