主な芳香成分について

α-サンタロールやβ-サンタロールは共に白檀の精油に含まれる重要な香り成分です。特にα-サンタロールには重要な芳香成分という以外に、皮膚がんの予防にも役立つなど医学的にも重要な成分です。これらの成分は、非常に稀少なものであり精製も困難で代替えの合成香料が使われることも多いです。

これらの成分は気管支炎や扁桃腺の緩和などに役立ち、肌も柔らかくなるのでしみや肌荒れやカミソリ負けなどにもおおいに役立ちます。また深いリラックス効果があるので、瞑想時や睡眠時など心を休めたい時にとても役に立ちます。寝るときに枕元においておけば、頭痛などの緩和にも役にたちストレスや不安なことから解放されて、リラックスして睡眠をとることが出来ます。

他の精油とブレンドすることでさらに香りがよくなり、体調にもいい効果があります。とくに気管支炎などの症状に悩んでいる場合は、就寝前に首や背中や胸など呼吸で吸引しやすい部分に塗っておくと、就寝時の症状がかなり緩和されます。また香水として使用する場合は、臭いが衣服につくととれなくなってしまうので体につけることが大事です。少量で充分アピール出来る香りなので、つけすぎに注意して使用すれば異性にアピールポイントの高い香りになります。

Comments are closed.