サンダルウッドの特徴とは

淡い黄色をしたアロマオイルのサンダルウッドは、日本では白檀と呼ばれており仏壇やお香など芳香用に古くから利用されて来ました。

香りの特徴は、エキゾチックで寺院の香りとしてよく知られています。インドの寺院でも、古来より瞑想の時に使用されたり、儀式でも使われています。粘度があ揮発しにくいのも特徴で、他のアロマオイルとも馴染みやすいのでブレンドする事で他の香りを持続させる事も可能です。

お勧めの使用法は、入浴や芳香浴、その粘度を活かして髪や体のトリートメントで直接肌に付ける事も出来ます。香りは翌日もほのかに残っているので、長く楽しめるでしょう。また、肌質を問わず誰でも肌を柔らかくする効果が高いので、美容に用いられる事も多いアロマオイルです。
その他にも鎮静効果があり、気持ちを静めて幸福感をもたらしてくれます。男性の汗に含まれる成分のフェロモンに似た物質によって、性感や性欲を高める事にも役立ちます。また、肌の乾燥にも効果があるので、ひび割れや切り傷などトラブルの改善にも効果的です。更に、抗感染や抗炎症作用があるので気管支の不調を楽にしたり、利尿作用、強心作用、うっ滞除去など幅広い効能があります。患部の近くをオイルマッサージする事で、徐々にこれらの効果がみられます。

Comments are closed.